おいしい暮らし~maru家のなちゅらる&べじふるキッチン~

あずきかぼちゃ*

e0131372_11271234.jpg

おやつにも(笑)♪




マクロビオティックの本では必ずと言ってよいほど取り上げられている食箋のひとつ。
あずきとかぼちゃの組み合わせといえば、醤油と砂糖(またはみりん)などで味をつけた『いとこ煮』などがありますが、
これは塩のみを使ってあずきとかぼちゃの甘みを引き出したお料理です。

以前、『お菓子がわりになるほど甘みが強いのに、糖尿病予防にもなる食箋です』(※1)とレシピの説明にあったので
はじめて作ってみたところ、「…???…(ど、どこが甘いの…!?)」 

べつの本に 『この小豆かぼちゃを食べても「甘い」と感じない人は、かなり身体が砂糖漬けになっている証拠ですよ』(※2)と書いてあるのを読み、ナットク&冷や汗”…。

その後もときどき作るものの、正直、おいしいと思って食べられなかったのです。

いまの時季は、生協やスーパーなどで売られているかぼちゃはほとんどがメキシコ産のもの。
あずきかぼちゃをそろそろ作りたいな~と思っていたのにメキシコ産かぁ…と買うに至らなかったのです。
…が、先日、近所のスーパーで秋田県産のかぼちゃが売られているのを発見! で、即買い。

某巷では(笑)、「シラルガンのミルクポットで煮るとまた格別」とのことでしたので、
わたしも真似っこをして うちの白いコでコトコト…^^ ♪
正直、まだそれほど「甘い」とまでは感じられないのですが、今まででいちばん美味しく煮ることができたように思います。
  
これからも作るごとに、このお料理を食べたときの感じ方が変わるのだろうな~と思うと、とても楽しみでもあります♪

※1…からだの自然治癒力をひきだす「毎日のごはん」

※2…岡田恭子のハッピーマクロビオティック教室



↓ ランキングに参加しています。
下記のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。皆さまの応援がたいへん励みになっています(*^^*)♪






きょうもありがとうございます060.gif
[PR]
by honwacafe | 2010-01-19 12:06 | meal & menu diary